不動産

リフォームは専門業者に任せよう~失敗回避のプロ~

比較して探す

寿命は10〜15年程度

男性

蛇口交換は比較的簡単な工事で、自分でできることもあります。水漏れの原因の多くは、蛇口部分のパーツの劣化です。これらのパッキンなどのパーツを交換するだけで、トラブルが治まることもあります。まずは蛇口を外し、パッキンを取り替えてみましょう。しかし蛇口は10〜15年も使用すると、どうしても壊れやすくなります。パッキンを交換しても水漏れするなどの場合は、蛇口交換が必要となります。蛇口は、安いもので一万円台から販売されています。サイズとタイプさえ間違わなければ、自分で取り付けることが可能です。しかし蛇口交換の費用込みでも、一万円台から工事をしてくれる業者もありますので、まずはインターネットなどを使用し、比較検討してみましょう。

エコタイプに取り替える

蛇口の形状は、交換したい場所によっても異なります。キッチンで一般的なのは、根元が円柱になっているワンホールタイプです。壁面に設置されるタイプや、昔ながらの水栓タイプもあります。また、浄水器一体型タイプへの交換も可能です。バスルームで一般的なのは、シャワー付きのタイプです。レバータイプやハンドル型などがあります。最近ではエコタイプの蛇口もあり、水量が調節できたり、ガスの使用量を抑えたりするものもあります。水道光熱費の節約にもつながるため、蛇口交換と同時にエコを考えるのも良いでしょう。シャワーヘッドを節水タイプに替えるなどもお勧めです。また洗面台にも、同じくレバータイプやハンドル型、節水・節ガスタイプなどがあります。一度に全部取り替えると、翌月の水道光熱費にすぐ反映されることでしょう。